LGBT ALLY

LGBTと共に

トランスジェンダーについてもっと知りたい! トランスジェンダーのすべてをまるっと解説!

トランスジェンダーとは

ラテン語で「横切って」や「乗り越える」を意味する「トランス」と、英語で「性」を意味する「ジェンダー」を合成した言葉です。

トランスジェンダーとは、生まれながらにして割り当てられた体の性別と、性自認が一致しない状態にある人のことを指す言葉です。

トランスジェンダーは体の性別と心の性別が一致しない場合のことを指す言葉であるため、トランスジェンダーの人たちの性的指向は異性愛であったり、同性愛であったり、その他の性的指向である可能性があります。

MtF

男性の体に生まれ、女性の心を持つ人のことを「MtF」と言います。これは「Male to Female」の略です。トランスジェンダーのMtFは性別適合手術までは望みません。しかし、女装をして外見を女性に近付けてみたり、ホルモン治療によって女性的な体つきにしてみたりする人もいます。

FtM

女性の体に生まれ、男性の心を持つ人のことを「FtM」と言います。これは「Female to Male」の略です。トランスジェンダーのFtMは性別適合手術までは望みません。しかし、男装をして外見を男性に近付けてみたり、ホルモン治療によって男性的な体つきにしてみたりする人もいます。

Xジェンダー

MtFやFtMとは違う、第三の性別として、出生時に割り当てられた男女の性別のどちらでもないという性別の立場をとる人たちのことを指す言葉の中に「Xジェンダー」という言葉が存在します。 男性の体に生まれた場合は「MtX」、女性の体に生まれた場合は「FtX」と言います。また、インターセックスの体に生まれ、性自認がXジェンダーの場合は「XtX」と表現する場合もあります。

Xジェンダーはクロスジェンダーではなく、エックスジェンダーと読みます。数学用語の「第一の未知数X」からくる言葉であり、「交差」の意味はありません。

また、Xジェンダーという言葉は日本が独自に使い始めた言葉であり、英語圏ではジェンダークィアといった言葉がそれに対応すると考えられています。ジェンダークィアとは、ジェンダー・アイデンティティが既存の枠組みにあてはまらない、もしくは流動的な人たちのことを指す言葉です。

Xジェンダーの概要

Xジェンダーには過渡型、揺曳型、積極型の3つの分類が存在します。

過渡型

男性、もしくは女性のどちらかの性自認を持ちたいが、明確に自分がどちらであるか自信を持つことができないために、自身をXジェンダーと定義している分類です。

揺曳型

ジェンダー・アイデンティティがゆらゆらと揺れている状態の人たちを指します。揺れているために、男女のどちらでもない性別と自身を定義している分類です。

積極型

Xとしてのあり方を積極的に模索している状態の人たちを指す分類です。

Xジェンダーの属性

Xジェンダーの中には代表的な4つの属性が存在しています。今回はその4つを大まかにご紹介いたしますが、この4つの属性に縛られる必要はまったくありません。自分のジェンダー・アイデンティティに当てはまるものがなかったからと言って、自分はXではないと決めつける必要はありません。

中性

自身の性を男性と女性の中間だと認識している場合、この中性に当てはまります。

両性

自身の性を男性と女性の両方であると認識している場合、この両性に当てはまります。

無性

自身の性を男性でも女性でもないと認識している場合、この無性に当てはまります。

不定性

自身の性がある2つの性を行き来している状態の場合、この不定性に当てはまります。

トランスジェンダーの性的指向

最初にもお話した通り、トランスジェンダーの性的指向は様々です。同性愛である場合や、両性愛である場合など、様々な性的指向が見られます。

異性愛や同性愛などの定義は、お互いの性自認を基準に考えます。MtFの人が男性を好きになれば異性愛、女性を好きになれば同性愛です。 ただし、Xジェンダーについては自身の性自認が男女のどちらでもないため、定義が難しくなっています。

異性愛者のトランスジェンダー

性自認が男性(女性)で、好きになる性が女性(男性)である場合、異性愛者に当てはまります。 異性愛はセクシャルマイノリティの専門用語では「ヘテロセクシャル」と言い、一部では「ノンケ」や「ストレート」とも称されます。

同性愛者のトランスジェンダー

性自認が男性(女性)で、好きになる性が男性(女性)である場合、同性愛者に当てはまります。 男性同性愛者のことを「ゲイ」、女性同性愛者のことを「レズビアン」と称します。一般的によく聞く「ホモ」という言葉は差別用語になるため、使用は控えるようにしましょう。

両性愛者のトランスジェンダー

性自認に関わらず、男女どちらの性も好きになれる場合、この両性愛者に当てはまります。 セクシャルマイノリティの用語では「バイセクシャル」と呼ばれています。

全性愛者のトランスジェンダー

性自認に関わらず、全ての性を好きになれる場合、この全性愛者に当てはまります。 セクシャルマイノリティの用語では「パンセクシャル」と呼ばれています。

バイセクシャルとの違いとして、バイセクシャルは好きになる性が男性と女性のみなのに対し、パンセクシャルは男性、女性、そして中性や無性などの全ての性を好きになることができるという点が挙げられます。

無性愛者のトランスジェンダー

性自認に関わらず、いずれの性も好きになることがない場合、この無性愛者に当てはまります。 セクシャルマイノリティの用語では「アセクシャル」「Aセクシャル」と称されます。

自分はトランスジェンダー?

ここまで読んで、もしかしたら自分はトランスジェンダーかも? と思った方がいらっしゃるかもしれません。 そこで、そんな方たちのために、簡単なジェンダーチェックテストを作成してみましたので、自身の性自認を確認する参考にしていただければ幸いに思います。

男性(女性)として生まれたが、自身を男性(女性)と説明することに違和感がある

イエスと答えた方はトランスジェンダーである可能性が高いです。自身の体の性別にはっきりとした不満があるわけではないのに、体の性別と同じ性別と説明することに違和感を感じる方はトランスジェンダーであると言えますし、どちらとも言い難いと感じる方はその中でもXジェンダーである可能性が高いと言えるでしょう。

駅や店のトイレで体の性別と一致するほうへ入ることに抵抗がある

自分は男性(女性)だと分かっているはずなのに、邪な気持ちを持つことなく、もう片方の性別のトイレへ入りたいと思う方はトランスジェンダーである可能性が高いです。

たとえば筆者は女性の体で生まれましたが性自認は半分くらい男性なため、女性用トイレに入ることに抵抗があります。

異性の服装や体格に憧れることがある

体の性別が男性の方ならば、女性のスカート姿や丸みを帯びた体格に、体の性別が女性の方ならば、男性の骨っぽい体格や低い声に憧れることはありませんか? 当てはまる方はトランスジェンダーである可能性が高いと言えるでしょう。

たとえば筆者は低身長なために、男性の背の高さに憧れますし、女性特有の膨らんだ胸をそぎ落としてしまいたいと考えることが多々あります。

以上の3項目のうち1つでもイエスと答える方は、トランスジェンダーである可能性が高いと言えます。

筆者のジェンダー・アイデンティティ

こんなジェンダー・アイデンティティを持つ人間もいるんだと言うことを、筆者の話を例として挙げることによってご紹介したいと思います。

FtM? FtX?

筆者は女性の体に生まれましたが、心の性別は男性です。しかし、背が高く、筋肉のついた男性らしい男性になりたいわけではなく、中性的な男性になりたいのです。そのため、自身をFtMと置くか、FtXと置くか、どうするべきなのかわからないのです。

性別適合手術について

邪魔な胸だけは手術によって摘出したいと考えていますが、その他のパーツに関しては特に手術でどうこうしたいとは考えていません。

性はグラデーションである

筆者の、上手く分類分けできないジェンダー・アイデンティティをご紹介しましたが、世の中には筆者のように、一言で説明することのできないジェンダー・アイデンティティを持つ人間がたくさん存在します。 このように、筆者のようなジェンダー・アイデンティティを持つ人間の存在は間違ったものではありません。

性はグラデーションなのです。

様々な色を持った人間がいます。「MtF」や「Xジェンダー」などの名前は、赤紫や青紫をまとめて紫と表現しているだけのことです。筆者のジェンダー・アイデンティティは名前を与えられなかった赤紫や青紫と同じ存在です。

まとめ

・トランスジェンダーは体の性別と心の性別が一致しない人たちのことを指す言葉である ・トランスジェンダーは性別適合手術までは望まない ・トランスジェンダーの性的指向は様々である ・性はグラデーションである

いかがでしたでしょうか? 以上が、この記事で伝えたいことのまとめになります。

この記事を読んで、トランスジェンダーについての理解が深まったり、自分のジェンダー・アイデンティティを見つけることができたりしたならば幸いに思います。 ここで紹介したどの言葉にも自分を当てはめることができなくとも、不安に思うことはありません。無理になにかに当てはめる必要はまったくないのです。あなたはあなたという人として、尊重されるべき存在なのですから。

なんてセリフを言ったところで、この記事を締めさせていただきたいと思います。この記事をきっかけに、自分と向き合うことができたのなら幸いです。お付き合いありがとうございました。

シスジェンダーってなに? ヘテロセクシャルとの違いは?

LGBTやトランスセクシャルなど、近年はセクシャルマイノリティに関する言葉をよく目にするようになりました。 しかし、そんな中でも「シスジェンダー」や「ヘテロセクシャル」などの言葉はあまり聞き覚えのない言葉ではないでしょうか?

今回はそんな「シスジェンダー」について、よく似た意味を持つ言葉、「ヘテロセクシャル」との違いもふまえて、詳しく説明していきたいと思います。

シスジェンダーとは

シスジェンダーとは、自分の性別に違和感や不満を感じていない人たちのことを指します。体の性別と心の性別が一致している人たちのことです。世の中の大半の人間がこれに当てはまります。 体は男に生まれ、性自認も男性という場合や、体は女に生まれ、性自認も女性という場合、シスジェンダーに当てはまるということです。

本来シスジェンダーとはトランスジェンダーを差別的に扱わないように、トランスジェンダーという言葉が作られたあとに生まれた言葉です。

ではそのトランスジェンダーとは一体どういうものなのでしょうか。まずはそこから説明していきましょう。

トランスジェンダーとは

トランスジェンダーは、体の性別と心の性別が一致していないが性別適合手術は望まない人たちのことを指します。 男性の体で生まれたが、性自認は女性という場合や、女性の体で生まれたが性自認は中性という場合など、トランスジェンダーはシスジェンダーと違い様々なパターンがあります。

トランスジェンダーと似たような意味を持つ言葉としてトランスセクシャルが挙げられますが、こちらは性別適合手術を望む人たちを指す言葉です。

シスジェンダーの対になるのは前者のトランスジェンダーにあたります。

シスジェンダーとヘテロセクシャルの違いは?

シスジェンダーと意味が混合されやすい言葉の中に「ヘテロセクシャル」という言葉があります。これは主に「ノンケ」や「ストレート」と呼ばれ、異性愛者を指す言葉とされています。

シスジェンダーとヘテロセクシャル、勘違いされやすいですが、シスジェンダーは性自認に違和感を持たない人、ヘテロセクシャルは恋愛対象が異性の人を指す言葉なので、似ているようで似ていない言葉です。

異性愛の定義って?

異性愛とは、お互いの性自認が男女どちらになるかによって決まります。 体が男性でも性自認が女性で、好きな相手の性自認が男性ならばそれは異性愛になりますし、体が女性で性自認が男性で、好きな相手の性自認が男性ならばそれは同性愛になります。

異性愛者はシスジェンダー?

シスジェンダーは性自認についての言葉なので、シスジェンダーは必ず異性愛者であるということにはなりません。 シスジェンダーの中にも同性愛者や両性愛者と呼ばれる人たちが存在します。

では、シスジェンダーの人たちの恋愛はどうなっているのでしょうか。次の項目から詳しく説明いたします。

いろいろなシスジェンダーの分類

体の性別と心の性別が一致し、恋愛対象は異性であるというのが多数派であるため、体の性別と心の性別が一致しているシスジェンダーは全員が異性愛者だと思いがちです。

ですが、中には同性を好きになるシスジェンダーもいるのです。 では、早速シスジェンダーの恋愛パターンについてお話いたしましょう。

レズビアンのシスジェンダー

女性の体で生まれ、性自認も女性であるが、恋愛対象になるのも女性というパターンです。レズビアンや女性同性愛者と呼ばれています。

ゲイのシスジェンダー

男性の体で生まれ、性自認も男性であるが、恋愛対象になるのも男性というパターンです。ゲイや男性同性愛者と呼ばれています。

バイセクシャルのシスジェンダー

体が男性で心も男性、もしくは、体が女性で心も女性のいわゆるシスジェンダーであるが、恋愛対象は男女どちらでもあるパターンです。バイセクシャルや両性愛者と呼ばれています。

その他のシスジェンダーの分類

上記で代表的な3つの恋愛パターンを紹介しましたが、実は他にも世間にはよく知られていない恋愛パターンが存在します。

パンセクシャル

全性愛者とも呼ばれます。その名の通り、全ての性を愛することができるセクシャリティです。 バイセクシャルと何が違うの? と思う人もいるかと思いますが、バイセクシャルは男と女の両方を好きになります。しかし、パンセクシャルは男女の他に中性や無性などのXジェンダーと呼ばれる人たちのことも恋愛対象になるのです。

アセクシャル

無性愛者とも呼ばれます。こちらも名前から察せる通り、どの性別でも恋愛対象になりません。

自分はシスジェンダー? ヘテロセクシャル?

ここまで様々な分類を紹介してきましたが、あなたはどれに当てはまりましたか? よく分からないという人のために、簡単に自分の性自認と性的指向を判断できるテストを作ってみました。よろしければ参考にしてみてください。

性自認チェック

1.男性(女性)の体に生まれ、性自認も男性(女性)である  はい→シスジェンダー いいえ→2へ 2.男性(女性)の体に生まれ、性自認は女性(男性)である  はい→3へ いいえ→4へ 3.体の性別と心の性別を一致させるため、性別適合手術を望む  はい→トランスセクシャル いいえ→トランスジェンダー 4.男性(女性)の体に生まれ、性自認は男女どちらでもない、男女どちらでもある、男女の中間である  はい→Xジェンダー いいえ→クエスチョニング

性的指向チェック

1.性自認が男性(女性)で、好きになる性別は女性(男性)である  はい→ヘテロセクシャル いいえ→2へ 2.性自認が男性で、好きになる性別は男性のみである  はい→ゲイ いいえ→3へ 3.性自認が女性で、好きになる性別は女性のみである  はい→レズビアン いいえ→4へ 4.性自認に関わらず、好きになる性別は男女両方である  はい→バイセクシャル いいえ→5へ 5.性自認に関わらず、好きになる性別は全ての性である  はい→パンセクシャル いいえ→6へ 6.性自認に関わらず、誰かを恋愛対象とすることはない  はい→アセクシャル いいえ→クエスチョニング

いかがでしたか? 2つのチェックで自分がどれに当てはまるか分かったでしょうか? 今回は上記の問全てに当てはまらない場合を大雑把にクエスチョニングと置きましたが、性に関する分類はまだまだたくさんあります。

次の項目では、この記事で紹介しなかったXジェンダーとクエスチョニングについて簡単に説明したいと思います。

様々なXジェンダーの分類

前項目の性自認チェックにて登場したXジェンダーという言葉。問では「男女どちらでもない」「男女どちらでもある」「男女の中間である」と3つのパターンを挙げましたが、実はそれぞれのパターンにも名前がついています。

中性

Xジェンダーの中性というカテゴリ。これは男女の中間の性です。体の性別に関わらず、心の性別が男性と女性の中間である場合、これに当てはまります。

両性

Xジェンダーの両性というカテゴリ。これは男女両方の性を併せ持つカテゴリです。体の性別に関わらず、心の性別が男女どちらでもある場合、これに当てはまります。

無性

Xジェンダーの無性というカテゴリ。これは男女のどちらでもなく、また、中性や両性とも違う性カテゴリです。体の性別に関わらず、自分に性別がないと考える人たちを指す言葉です。

不定性

Xジェンダーの不定性というカテゴリ。これは、その日の気分などによって自分の性別が男性や女性、もしくは中性などに変化する人たちのことを指す言葉です。

以上が代表的なXジェンダーの4つの分類になります。

クエスチョニングとは

自身の性自認や性的指向などの、性のあり方についてまだ迷っている状態の人たちのことをクエスチョニングと呼びます。 また、迷っているだけでなく、自分の性をカテゴライズしたくないからなどの理由で、あえて自分をクエスチョニングとする場合もあります。

シスジェンダーとマイノリティ

シスジェンダーは多数派を指す言葉ですが、今までにも説明してきた通り、シスジェンダーだからと言って性的指向までも多数派なわけではありません。多数派であり、少数派でもあるシスジェンダーの人たちはたくさん存在します。

シスジェンダーへの接し方

シスジェンダーは性自認が多数派の人たちを指す言葉です。男性として生まれ、男性として生きる人や、女性として生まれ、女性として生きる人をシスジェンダーと呼びます。 しかし、シスジェンダーの中には性的指向がマイノリティである人が存在します。 そんなシスジェンダーの人たちに、我々はどう接していくのが良いのでしょうか?

多数派でも少数派でも同じ

シスジェンダーの人たちの性的指向が多数派であろうが少数派であろうが、接し方を変える必要はまったくありません。 どんな性カテゴリに当てはまるかとどう接するかは実はまったく関係のないことで、どんな特徴を持った人であろうと個人を尊重して接することが大切です。

接し方の正解なんてない!

極論を言ってしまえばこれです。シスジェンダーの人にはこう接する、マイノリティの人にはこう接するなど正解はありません。強いて言うならばその人それぞれに接し方の正解があるので、人の数だけ正解があると言えるでしょう。

まとめ

・シスジェンダーとは性自認が多数派である人たちのことを指す言葉である ・シスジェンダーはトランスジェンダーの対になる言葉である ・シスジェンダーは性自認が多数派なだけであって性的指向までも多数派とは限らない ・シスジェンダーであろうがなかろうが接し方は変わらない

以上が大まかなこの記事のまとめになります。

いかがだったでしょうか? いろいろと難しいセクシャルマイノリティの世界ですから、この記事を読むことによって、シスジェンダーやセクシャルマイノリティの世界について理解を深めることができたのなら幸いに思います。

長々とお話してきましたが、ここに書かれたものがマイノリティのすべてではありません。紹介したカテゴリには入らない人たちもいるので、この記事を読んだからと言ってすべてを知れるわけではありません。

たとえば筆者は中途半端に性別適合手術を望む中途半端なトランスジェンダーですし、性的指向もバイセクシャル寄りのゲイで、中途半端な性的指向をしています。こういった人たちがたくさんいるので、性に関することは1つの言葉で表現できるほど簡単なものではないのです。

以上が私がお伝えしたいシスジェンダーを含めたセクシャルマイノリティの世界についてのお話です。お付き合いいただきありがとうございました。

クエスチョニングってなあに? LGBTQのQについてのお話

セクシャルマイノリティって知ってる?

まずはじめに、皆さんは「セクシャルマイノリティ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

セクシャルマイノリティ、日本語に訳すと性的少数者のこと。性のあり方が人とは多数派とは異なる人たちのことを指す言葉です。 現在の日本では人口の約8%、13人に1人がこのセクシャルマイノリティであるというデータが存在します。

今回ご紹介するのは主にセクシャルマイノリティの中のクエスチョニングについてですが、クエスチョニングを語る前に、まずはそのセクシャルマイノリティを語るうえで大切な3点についてご紹介したいと思います。

知っておきたい性に関する3つの観点

戸籍性

まず1つ目はこの「戸籍性」です。自分の生まれ持った身体の性別のことで、男性もしくは女性が存在します。

男性女性以外にもインターセックスと呼ばれる人々が存在しますが、それは別項目でお話いたします。

性自認

2つ目は「性自認」と呼ばれるものです。自分の性別をどう認識しているかです。後述するXジェンダーもこの性自認についての言葉になります。

性的指向

3つ目は「性的指向」。これは、どの性を好きになるかです。後述するレズビアンやゲイ、バイセクシャルなどがこの性的指向についての言葉です。

LGBTって聞いたことある?

性についての3つのポイントをお話したところで、皆さんは「LGBT」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは「レズビアン」「ゲイ」「バイセクシャル」「トランスジェンダー」の英単語のそれぞれの頭文字を取って作られた言葉で、多数派とは異なる性自認や性的指向を持つ人たちのことを指します。

では、具体的にLGBTの人たちはどういった人たちなのか、説明していきたいと思います。

レズビアンについて

性自認が女性で、性的指向が女性に向く場合、このレズビアンに当てはまります。分かりやすく言葉にすると、女性同性愛者のことです。

当事者たちの間では自らのことを「ビアン」と称することが多いです。これは、一般的によく聞く「レズ」という言葉が侮蔑的に使われることが多かったため、それを嫌悪した当事者たちが使い始めた呼称です。

ゲイについて

性自認が男性で、性的指向が男性に向く場合に使われる言葉です。男性同性愛者のことですね。

一般的によく聞く「ホモ」という呼称は侮蔑的な場面で使われることが多いため、使用は避けるのが無難です。

バイセクシャルについて

性的指向が男性、女性の両方に向く場合に使われる言葉です。両性愛者とも言います。性自認が男性であるかは女性であるかはバイセクシャルについては関係がありません。

トランスジェンダーについて

戸籍性と性自認が異なる場合に使われる言葉です。性的指向についての言葉であるレズビアン、ゲイ、バイセクシャルと違い、この言葉は自らの性自認をどう認識するかの言葉になります。

戸籍性が男性(女性)、性自認が女性(男性)で更に性別適合手術を望む場合はトランスセクシャルとも言われ、一般的によく聞く言葉で言うと性同一性障害に当たります。

トランスジェンダーは、性別適合手術までは望まない人たちのことを指す言葉です。

LGBTの後に続くQの存在

では皆さんは「LGBTQ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? LGBTQとは、先ほどご紹介したLGBTに、「クエスチョニング」という言葉を付け加えた単語です。今回のお話のメインとなる部分ですね。

セクシャルマイノリティのカテゴリにはLGBT以外にも様々なものがあります。その代表的なものとして、今回はクエスチョニングについてお話しますが、その他にも様々なカテゴリがあるので、そちらも一緒にご紹介いたしましょう。

LGBT以外の性カテゴリ

クエスチョニング

今回の記事で主に紹介したいのがこの「クエスチョニング」と言われる言葉。この言葉は自分の性自認や性的指向が定まっていない人たちのことを表す言葉です。

自身の性自認や性的指向についての考えが定まっておらず、ふらふらと不安定なセクシャリティを持つ人たちのことを指します。 ですが、あえて性自認や性的指向にを定めず、クエスチョニングであることを選択する人たちも存在します。

心理学で言う「モラトリアム」と似た意味を持つ言葉ですね。ただ、クエスチョニングには猶予がないので、いつまでも永遠にクエスチョニングであることを選択することも可能なのです。

Xジェンダー

トランスジェンダーに含まれる言葉です。しかし、Xジェンダーの人たちは男性と女性のみだった性カテゴリを超越し、男女どちらでもない性自認を持つ人たちであると言えます。

具体的には、男性と女性の中間の性自認を持つ中性、男性でも女性でもない性自認である無性、男性でもあり女性でもある性自認である両性、それから、男性と女性の間を行ったり来たりする不定性などが代表的なXジェンダーのカテゴリとされています。

アセクシャル

無性愛者とも言います。他人に対して性的欲求を抱かない人たちのことを指します。アセクシャルの定義は様々で、性的な欲求が抱かない人たちのことを指す場合や、恋愛感情を抱かない人たちのことを指す場合などがあります。

一般的には性的欲求を抱かない人たちのことを「アセクシャル」、恋愛感情を抱かない人たちのことを「アロマンティック」と呼ぶことが多いようです。

トランスセクシャル

トランスジェンダーと混合されがちなこの言葉。トランスジェンダーと意味もよく似ていますが、明確な違いが1つあります。トランスセクシャルはトランスジェンダーとは違い、性別違和に対して性別適合手術を望む人たちのことを指します。

自分の戸籍性と性自認が違い、性別適合手術を望む。つまり、性同一性障害の人たちがこのトランスセクシャルに当たります。

インターセックス

インターセックスは正確にはセクシャルマイノリティとは違いますが、特殊な性であることには間違いないのでご紹介いたします。 インターセックスとは「中間的な性」を表す言葉で、医学的名称では性分化疾患と言います。

半陰陽者とも呼称され、簡単に説明するならば、男女両方の性を兼ね備え生まれてきた人のことを指します。両性具有とも言われていますね。 トランスセクシャルとも、トランスジェンダーとも違い、インターセックスは生まれ持った身体が両性であるのです。

ストレート

こちらはセクシャルマイノリティではありません。性的指向のうち、異性愛者を指す言葉で、レズビアンやゲイ、バイセクシャルなどに対する呼称として知られています。

性を語るうえで必要であると判断したため、あえてこちらの言葉も紹介させていただきました。

自分はクエスチョニングかもしれない?

これまで紹介してきたセクシャルマイノリティの様々な分類を見てどう思いましたか? ここで紹介したものが性の全てではありませんが、大雑把にまとめるとこのような形になります。無理に自分をカテゴライズする必要はありませんが、皆さんはいかがでしたでしょうか? 自分に当てはまるものがありましたか?

どれもいまいちピンと来ない、自分の性はこんなに簡単に説明できるものじゃないなど、様々な答えがあると思います。 そういった人たちは「クエスチョニング」であるという立場を取られるのもいいかもしれません。

ひとまず自分をクエスチョニングにカテゴライズし、本当の性を探すも良し、自分の性は人には説明し難いものなのでと、クエスチョニングと答えてしまうのも良し。様々です。 クエスチョニングは、自分の性のあり方について悩めるセクシャルマイノリティの人たちの助け舟のような言葉です。

クィアってなに?

性についての話をいろいろと調べてみたりした結果、「クィア」という言葉を聞いたことがないでしょうか?

これはLGBTQのQに当たる言葉です。クエスチョニングと同じですね。 ですが、クエスチョニングと意味は違い、クィアという言葉は元々「風変わりな」「奇妙な」などという意味を持つ言葉で、セクシャルマイノリティを変わり者だと思う風潮があったためにつけられた言葉でした。

ですが、変わり者とされるのはおかしなことだと、当事者たちが肯定的な意味を持たせるために積極的にクィアという言葉を使用し、現在のLGBTQに至ります。

つまり、LGBTQのQはクエスチョニングのQであり、クィアのQでもあると言えます。

筆者の考える性のあり方

最後に、1人のセクシャルマイノリティの人間として、性のあり方についての考えを述べさせていただこうかと思います。これから書く文章は、あくまでも一個人の意見ですので、あまり真に受けすぎないようにしてくださいね。

セクシャリティは様々である

十人十色という言葉は、皆さんご存知の言葉でしょうと思います。好みや考え、性質などが10人いれば10通りあるという意味の言葉です。人によって様々であるということですね。

筆者は、性にもこの十人十色という言葉を言使えると考えています。 我々は性をカテゴライズしようとし、トランスジェンダーだ、バイセクシャルだ、と一言で言い表してしまいますが、本来性はそうあるべきではないと考えます。

もちろん、ざっくりとした指標となる言葉として、トランスジェンダーやバイセクシャルなどの分類を表現する言葉があってもいいとは思いますが、それに固執する必要はないと思います。

「性はグラデーションである」とはまさにその通りで、人の数だけ性のあり方があるのだと思います。

筆者の考えるクエスチョニングとは

この項目よりも前でお伝えした通り、クエスチョニングはセクシャルマイノリティの枠組みから零れてしまった人たちの、自分の性のあり方について悩める人たちの、そんな人たちの助け舟のような言葉だと考えています。

筆者も以前は自身の性のあり方について悩みました。自分を何にカテゴライズしたらいいのか、三日三晩考えていたような気さえします。そんな筆者に似た人たちは、自身をクエスチョニングとおくことで、少し気持ちが楽になるのかな、と思います。

クエスチョニングは、心理学で言うモラトリアムと似たような言葉かな、と捉えております。

周囲の理解が必要

マイノリティにはアウティングや同性婚問題など、ストレートの人たちにはないであろう問題を広く抱えています。それを変えていくためにも、同じ人間同士、手を取り合ってほしいのです。

マイノリティであるから特別扱いをしろというわけではありません。ただ、マイノリティであることを受け入れ、理解し、共に歩んでほしいと思うのです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

・セクシャリティは十人十色である ・クエスチョニングは助け舟である

という点を主に、セクシャルマイノリティのカテゴリから説明してきました。 この記事を読んで、マイノリティである人もそうでない人も、自身の性のあり方について、他者の性のあり方について、改めて考える機会になったのなら幸いに思います。

トランスセクシャルって? トランスジェンダーと何が違うの?

LGBTって知ってる?

あなたはLGBTという言葉を聞いたことがありますか? LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字を取った言葉で、セクシャルマイノリティの一部の人たちを指した総称です。

その中のTに当てはまるトランスジェンダーは、今回お話するトランスセクシャルとよく似ていますよね。しかし、この2つは似ているようで少し違います。まずは、この2つの違いについて説明しましょう。

トランスセクシャルとトランスジェンダーの違いって?

トランスセクシャルの2つの分類

トランスセクシャルとは、体の性別と心の性別が一致せず、さらに性別適合手術をしたいと考える人たちのことを指す言葉です。分かりやすく言えば、性同一性障害の人たちがこのトランスセクシャルに当てはまります。

男性から女性に性転換を望む人

MtFと言います。これは「Male to Female」の略で、男性から女性への性転換を望む人たちのことを指します。芸能人の方にも性転換手術を行って男性から女性になった人が何人かいますよね。その人たちもこのMtFに当てはまります。

女性から男性に性転換を望む人

FtMと言います。これは「Female to Male」の略で、女性から男性への性転換を望む人たちのことを指します。こちらはテレビなどではあまり見かけないので想像しづらいかもしれませんが、単純にMtFと男女が入れ替わっただけです。

トランスジェンダーの3つの分類

トランスジェンダーとは、体の性別と心の性別が一致しないが、性別適合手術は望まない人たちのことを指す言葉です。手術までは望みませんが、ホルモン治療は望む人もいます。

性自認が女性のトランスジェンダー

体の性別は男性だが性自認は女性の場合、トランスジェンダーに当てはまります。トランスセクシャルのMtFと似通っていますが、こちらは性別適合手術までは望まないのが特徴です。ホルモン治療などによって、体を女性のものに近付ける人たちはいます。

性自認が男性のトランスジェンダー

体の性別は女性だが性自認は男性の場合、トランスジェンダーに当てはまります。こちらもトランスセクシャルのFtMと似通っていますが、前述した性自認が女性のトランスジェンダーと同様、性別適合手術までは望みません。もちろんこちらもホルモン治療などによって、体を男性のものに近付ける人たちはいます。

男性でも女性でもない性別X

心の性別が男性でも女性でもない場合、トランスジェンダーの中の、Xジェンダーと言われる分類に当てはまります。体の性別が男性の場合はMtX、女性の場合はFtXと言います。 Xジェンダーの中にも様々な分類があり、代表的なものとしては両性、中性、無性、不定性などが挙げられます。

トランスセクシャルとトランスジェンダーの境界線はどこ?

全てのトランスセクシャルとトランスジェンダーの人々が「性別適合手術で完全な男(女)になりたい!」「手術は一切したくない!」と思っているわけではありません。どういうことかと言いますと、彼らの中には一部分だけの手術を望む人が存在するのです。

では、そんな彼らはトランスセクシャルとトランスジェンダー、どちらに分類されるのでしょうか?

性はグラデーションである

「少しでも手術を望むんだからトランスセクシャルだ」「完全に性転換をするわけではないのだからトランスジェンダーだ」など、どちらに分類されるかで様々な意見があると思います。

ですが、トランスセクシャルやトランスジェンダーといった言葉は幾多の色のひとつを指すだけの言葉でしかないのです。赤と青、そしてその中間の紫や赤紫、青紫と、色にグラデーションがあるように、性にもグラデーションが存在します。

つまり、トランスセクシャルともトランスジェンダーとも言い難い人たちを、無理にどちらかにカテゴライズする必要はないということです。

トランスベスタイトって聞いたことある?

少々話は逸れますが、前項目で性はグラデーションだとお話しましたが、その数ある色の中でも代表的な色であるトランスベスタイトをご存知でしょうか? トランスベスタイトはトランスセクシャルやトランスジェンダーと似通っているようで実は全く違う色を持った言葉なのです。

トランスベスタイトは異性装者のことを指す!

トランスベスタイト、またはクロスドレッサーと言います。自分の元々の性別に違和感や不満を持っているわけではなく、単純に、ただ異性装を行っている人たちのことを指す言葉です。

異性装をしているために、トランスセクシャルやトランスジェンダーと混合されがちですが、これらは全く異なる色を持った言葉です。

彼らへの接し方はどうするべき?

性に関する問題はなにかとデリケートな昨今。中でもセクシャルマイノリティの人たちへはどう接したらいいのかわからないと言う人たちも多いでしょう。なので、ここではざっくりと、トランスセクシャルなどの人たちへの接し方についてご説明いたします。

トランスセクシャルは性自認であって性的指向ではない!

まず、一番と言っていいほど大事な点はこれです。「トランスセクシャルやトランスジェンダーは性自認であって性的指向ではない」のです。

いまいちピンとこない方のために、性自認と性的指向の違いについてご説明しましょう!

性自認とは

性自認とは、性別に関する自己意識のことを言います。自分の性別をどう認識しているかの問題ということです。男性だったり、女性だったり、もしくはそのどちらでもない性別だったりします。

トランスセクシャルやトランスジェンダーはこの、性自認がマイノリティの人たちを指す言葉なのです。

性的指向とは

性的指向とは、恋愛・性愛がどの性別を対象とするか表すものです。対象を異性とする異性愛、同性とする同性愛、男女どちらともする両性愛などが有名です。

中でもマイノリティとされているのは、近頃よく聞くLGBTという単語のLとGとBに当てはまる性的指向です。 これらの単語はレズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシャル(両性愛者)のそれぞれの頭文字を取ったものです。

性自認がマイノリティでも性的指向がマジョリティの人はたくさんいる!

トランスセクシャルの人たちは性自認がマイノリティであることに当てはまりますが、性的指向もマイノリティかと言われたら決してそうではありません。

MtFに生まれた人はみんな必ず男性を好きになると言うわけではなく、女性を好きになる場合だってありますし、男女どちらとも愛せる場合もあります。 ですから、自分はMtF(FtM)だと言う人がいても、それだけで性的指向まで決めつけて接することはしないようにしましょう。

差別用語は使わないように!

差別用語なんて使われてるの? と思う人も多いでしょうが、テレビなどでもよく聞く機会のある「オカマ」や「ホモ」といった言葉は実は差別用語なのです。

名のある芸能人の方々が自らを指してそう呼ぶこともあるので差別用語と感じない人もたくさんいるとは思いますが、セクシャルマイノリティの当事者たちはそういった言葉を向けられるのに嫌悪感を示す人が多いです。

もちろん、中にはテレビで見る芸能人のようにユーモアで自らのことをそう呼ぶ人もいるとは思いますが、自分で言ってるから大丈夫などとは思わず、できるだけ使わないよう注意が必要です。自分で言うのと他人に言われるのとは違いますからね。

セクシャルマイノリティは決して見世物ではない!

前項目と少々話は似通ってしまいますが、有名な芸能人がマイノリティであることをネタに笑いを取っているからと言って、マイノリティの人たちは面白く愉快な存在であると勘違いをしてしまう人たちがたくさんいます。

芸能人の人たちは面白おかしく話ができるから芸能人なのです。マイノリティだからではありません。ですが、その芸能人の人たちと同じ面白さを一般のマイノリティたちに求める人が一定数います。大阪生まれなら面白いこと言えるだろうと言っているのと同じで、無茶苦茶な話です。

そう言った発言は相手のプレッシャーにもなりますし、不愉快な気分にさせる原因になることも多いので控えるようにしましょう。

個人を尊重する!

前項目まででいろいろとお話しましたが、何よりも大切なのは個人を尊重することです。こうしなければならないという思想に縛られず、1対1の人間同士として接するのが大切です。これはマイノリティとかマジョリティとかの問題ではなく、人として生きるものとしては当然のことですよね。

ですが、どういうわけかマイノリティを相手にするとそれができなくなる人が一定数存在します。マイノリティはマイノリティと一括りにしてしまうのではなく、マイノリティでも1人の人として接するようにしましょう。

自身がセクシャルマイノリティかもしれないと悩んでいる方へ

貴方はセクシャルマイノリティなのかもしれませんが、セクシャルマイノリティであるかどうかを無理にカテゴライズする必要はまったくありません。貴方は貴方のまま、貴方らしく生きていってほしいと思います。

周囲の誰かがセクシャルマイノリティかもしれないという方へ

誰の周りにも1人はいるであろうセクシャルマイノリティの人々。そんな彼らのことを偏見の目で見ないであげてください。彼らも1人の人間です。もし悩みを相談されたら、それは貴方を信頼してくれている証拠です。親身になって話を聞いてあげてください。

最後に

トランスセクシャルを中心に様々なセクシャルマイノリティについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか? この記事を読んでセクシャルマイノリティについての理解が深まったなら幸いに思います。

この記事を間違っていると思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、筆者も1人のマイノリティの人間として書かせていただきました。先ほどまでにお話しました通り、マイノリティにも様々な人がいます。こういう考えをする人間もいるんだなあと受け取っていただけたら幸いに思います。

セクシャルマイノリティってどういうもの? 疑問の多いセクシャルマイノリティのすべてをお話します!

セクシャルマイノリティとは

セクシャルマイノリティを日本語に訳すと性的少数者。性自認や性的指向がマジョリティ(多数派)とは違う人たちのことを指す言葉です。 具体的には、同性愛者や両性愛者、トランスジェンダーの人々などがこれにあたります。最近よく聞くLGBTも、このセクシャルマイノリティに含まれます。

では、そのセクシャルマイノリティが具体的にどんなものなのか、こちらの記事で詳しく解説していきます!

セクシャルマイノリティってどんな人たち?

性的少数者と言われてもいまいちどんな人たちなのか想像しづらいですよね。こちらの項目ではそんな人たちのために、押さえておきたい用語と共に、セクシャルマイノリティについて詳しくご説明いたします。

性自認がマイノリティな人たち

マジョリティの人たちは自分の体の性別と心の性別が一致しています。ですが、性自認がマイノリティの人たちは自分の体の性別と心の性別が一致しません。一言で性別が一致しないとは言ってもその分類は様々で、ここではその中でも特に有名なものだけを紹介いたします。

トランスジェンダー(TG)

体の性別と心の性別が一致しない人たちのことを指す言葉です。人によってはホルモン治療をしますが、性転換手術までは望みません。LGBTのTはこのトランスジェンダーのことを指します。

トランスセクシャル(TS)

体の性別と心の性別が一致せず、手術を望む人のことを指します。性同一性障害の人たちはこれにあたります。性転換手術をして、元々生まれてきた性別と違う性別で活動している方は芸能人にもよく見かけますよね。

MtF

「Male to Female」の略。男性の体に生まれたが性自認が女性の人たちのことを指します。トランスジェンダーもしくはトランスセクシャルに分類されるものです。MtFと呼ばれる人たちは全員が性転換手術を望んでいるかと言われたら、特にそういうわけではないのです。

FtM

「Female to Male」の略。女性の体に生まれたが性自認が男性の人たちのことを指します。前述したMtFと性別が反対の場合の言葉です。こちらも、トランスジェンダーもしくはトランスセクシャルに分類されます。

Xジェンダー

トランスジェンダーに含まれます。性自認が男性にも女性にも当てはまらない、もしくは男性、女性の両方に当てはまる人たちのことを指します。Xジェンダーの中にも様々な分類があり、中性、両性、無性、不定性などがあります。

性的指向がマイノリティな人たち

男性は女性を、女性は男性を愛するのがマジョリティの人々の特徴です。しかし、マイノリティの人たちはそうとは限りません。ここでは特によく聞く何種類かの分類をご紹介します。

レズビアン

女性の同性愛者を指す言葉です。LGBTのLはこのレズビアンのことを指します。レズビアンの女性の性的欲求は同じ女性にしか向きません。

ゲイ

男性の同性愛者を指す言葉です。LGBTのGはこのゲイのことを指します。ゲイの男性の性的欲求は同じ男性にしか向きません。

バイセクシャル

男性にも女性にも性的欲求の向く人たちのことを指す言葉です。両性愛者とも言います。LGBTのBはこのバイセクシャルの略です。また、男性にも女性にも恋愛感情を抱く人たちのことはバイロマンティックと呼びます。

パンセクシャル

男性や女性に限らず、その他全ての人々に性的欲求の向く人たちのことを指す言葉で、全性愛者とも言います。また、全ての人々に恋愛感情を抱く人たちのことはパンロマンティックと呼びます。

アセクシャル

誰に対しても性的欲求を抱かない人たちのことを指す言葉で、無性愛者とも言います。Aセクシャルとも呼ばれます。また、誰に対しても恋愛感情を抱かない人たちのことはアロマンティックと呼びます。

じゃあ多数派の人たちを指す言葉はないの?

前の項目で少数派の人たちを指す言葉をご紹介しましたが、では、多数派の人たちを指す言葉はないのでしょうか?

実は、あります。性自認が多数派の人たちを指す言葉と、性的指向が多数派の人たちを指す言葉と、どちらも存在します。

シスジェンダーって?

性自認が多数派の人たちのことをシスジェンダーと呼びます。性自認が多数派というのは、体の性別と心の性別が一致している状態の人たちのことです。たとえば、男性の体に生まれ自分を男性だと認識している人や、女性の体に生まれ自分を女性だと認識している人がそれにあたります。

シスジェンダーという言葉はトランスジェンダーを差別的に扱わないよう生まれた言葉です。

ヘテロセクシャルって?

性的指向が多数派の人たちのことをヘテロセクシャルと呼びます。性的指向が多数派というのは、一言で言えば異性愛者のことです。男性は女性を好きになり、女性は男性を好きになる、極めて一般的な性的指向です。

シスジェンダーとヘテロセクシャルは必ずしも共存するとは限らない!

シスジェンダーでありヘテロセクシャルであるというのが多数派の人たちですが、この2つは必ずしも共存するとは限りません。

たとえば、体の性別が男性で心の性別も男性だが、恋愛対象は女性ではなく男性という場合は、シスジェンダーではあるがヘテロセクシャルではありません。シスジェンダーでありゲイというのが正しいです。

セクシャルマイノリティの人たちが抱える問題って?

セクシャルマイノリティの人たちは、マジョリティの人たちが普段意識することのない問題をいくつも抱えています。ここでは、いくつかの例と共に、彼らの抱える問題について解説していきます。

カミングアウトに対する問題

セクシャルマイノリティの存在が広く知れ渡るようになった昨今ですが、それでも偏見の目は収まらず、カミングアウトへの弊害はまだまだ尽きません。

ありのままの自分を知ってもらうにはカミングアウトをする必要がありますが、カミングアウトをすることによって軽蔑されるのではないかなどの不安が常に付きまといます。これは、セクシャルマイノリティの本人だけの問題ではありません。周囲の人間がマイノリティの人たちを受け入れてあげることが必要です。

周囲の人間の無知が引き起こす問題

「実はゲイなんだ」とカミングアウトしたとしましょう。カミングアウトをした相手は受け入れてくれましたが、その次に「じゃあお前オカマなの?」と聞いてきました。これは相手にセクシャルマイノリティの知識がないがゆえに引き起こされた会話です。

ゲイ=性同一性障害ではありません。ゲイは男性のまま男性を好きになることですので、この場合「オカマなの?」という発言は不適切になります。なお、「オカマ」という名称は蔑称であるという意見もありますので軽率に使わないようにしましょう。

プールや温泉、トイレでの問題

セクシャルマイノリティの人たちはしばしばプールでの更衣や温泉、トイレなどの問題で悩むことがあります。特に、性自認がマイノリティの人たちは自分の体の性別と心の性別が一致しないので、男女どちらを選択すればいいのかわからないのです。

とは言っても、セクシャルマイノリティにもいろいろな分類があるので、専用の更衣室などをつくるわけにもいかず、この点はとても難しい問題だと言えるでしょう。

同性婚についての問題

国外には同性婚の認められている国がいくつもありますが、日本では未だ同性婚が認められていません。自分たちの関係を法的に証明できるものがないというのは、いろいろと不便が付きまといます。

浮気で慰謝料請求

結婚をすることができる異性愛カップルは結婚してしまえばお互いに貞操義務を負うことになります。つまり、浮気をされると不法行為になり、慰謝料を請求することができるのです。

しかし、同性愛カップルは法律で縛られていないために、浮気をされても慰謝料を請求することが難しくなります。

配偶者控除が受けられる

配偶者控除とは、所得の少ない配偶者を持つ人の税金が安くなる制度のことです。結婚して配偶者控除を受けることができれば、結婚していないカップルよりも単純に払うべき税金が少なく済むのです。

異性愛カップルは結婚してしまえばこの制度を受けることができますが、同性愛カップルは結婚できないためにこの制度を受けることができません。つまり、同性愛カップルはそれだけで金銭的に損をしてしまうことになります。

子どもの親権

異性愛カップルの場合、子どもの親権は両方の親が持っているものです。もしどちらか片方が病気などで亡くなってしまった場合、その子どもの親権はもう片方の親にいくことになります。

しかし、同性愛カップルの場合はそうはいきません。女性同士のカップルの場合で話をします。片方が精子提供により妊娠、出産をし、2人で育てたとします。しかし、親権は出産をした側の女性のみが持つことになります。もし出産をした女性が亡くなってしまった場合の子どもの親権は異性愛カップルのように上手くはいきません。

家庭裁判所が子どもの後見人を選ぶことになりますが、そのときに亡くなった女性の血縁者が選ばれることがあるのです。

セクシャルマイノリティの人たちはどう生きていけばいいの?

マジョリティの人たちにはない問題をいくつも抱えたセクシャルマイノリティの人たち。そんな彼らはその生きづらさをどう乗り越えていけばいいのでしょうか。

自分を認めてあげることが大切!

セクシャルマイノリティの人たちにはマイノリティである自分に自信が持てない人が多いかと思います。偏見の目に怯えて塞ぎがちになったり、マイノリティである自分を受け入れられなかったりすることがあるかもしれません。

しかし、まずは自分が自分を認めてあげることが大切です。自分で自分を認めてあげて、初めて周囲の人間にも認めてもらえるのです。

自分らしく生きていくことが大切!

セクシャルマイノリティの人たちはしばしば、自分の分類に悩むことがありますが、そもそも、無理に自分をゲイやトランスジェンダーなどの分類に当てはめる必要はないのです。

カテゴリなど気にせず、自分らしく生きることを大切にすれば、自然と気持ちも前向きになっていきます。

セクシャルマイノリティの人たちにはどう接すればいいの?

たくさんの悩みと問題を抱えたセクシャルマイノリティの人たち。そんな彼らにマジョリティの人たちはどう接するべきなのでしょうか。

彼らを理解してあげる!

セクシャルマイノリティであることに偏見や軽蔑の目を浮かべる人たちもたくさんいるかと思います。しかし、セクシャルマイノリティの人もマジョリティの人と同じ1人の人間です。

セクシャルマイノリティだからと偏見の目で見るのではなく、彼ら個人をよく見て、理解してあげることが大切です。

特別扱いはしないほうがいい!

セクシャルマイノリティだからと言って特別扱いをするのはやめたほうがいいでしょう。マイノリティは一般的に弱者とされる存在ですが、特別扱いをしすぎると、弱者は時に強者になります。

セクシャルマイノリティは弱者であれと言っているわけではなく、優遇しすぎて強者になってしまわないようにしましょうという話です。マジョリティの人たちと同じでいいのです。

最後に

いかがでしたでしょうか? セクシャルマイノリティについていろいろとお話しましたが、ここに書いてあることが彼らの全てではありません。ここに書いてあったことに当てはまらない人がいても、それはマイノリティではない! と思わずに、そういう人なんだと受け入れてあげることが大切になってきます。

この記事を読んで、少しでもセクシャルマイノリティの人たちへの理解が深まったなら幸いです。